あま*カル合同バナーキャンペーン開催中!

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ほっそ~の趣味日記

今はエロゲーの感想とかレビューとかが多いです。たまにTCGのことも…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

遊戯王チーム戦~呪われし異世界編~ 

それなりに順調に進んでいたほっそ~達の旅。

そこに現れた新たな刺客!

???「我が名は魔玉アッサーノ!アッサーノ!四天王の一人だ!」

ほっそ~「アッサーノ!四天王!?ついに幹部級を送り始めたのか!?」

さっちゃん「やっこさんも本腰を入れてきたって事だろう?」

放火犯「ふっ、楽しくなってきたじゃないか!僕たちの力見せてやろう!」

ほそカリバー「テンション上がってきたーーーーーーーー」

現れたアッサーノ!四天王の一人、魔玉アッサーノ!との戦闘!放たれるほっそ~達の攻撃。

さっちゃん「くらえ!めった刺し!」

放火犯「必殺!火炎瓶投げ!」

ほっそ~「ほそカリバーアタック!」

魔玉アッサーノ!「ぐわっ」

3人の攻撃が当たったかに思えたと同時に鳴り響く奇妙な音

『グチャッ』

ほっそ~「な、なんだ?卵だと?」

放火犯「なぜこんな所に卵が…」

困惑する2人。

さっちゃん「ちっ、そういうことか!2人とも上を見ろ!!」

叫ぶさっちゃんにつられて上を見る二人、そこには魔玉アッサーノ!の姿が。

魔玉アッサーノ!「ふふ、これぞ我が秘術の一つ!身代わり卵の術!」

ナレーション「説明しよう!身代わり卵の術とは、相手に幻を見せ、卵が魔玉アッサーノ!本体に見えるようになる技なのだ!」

ほっそ~「くっ、なんて技の無駄使いなんだ!幻を見せることができるならそもそも卵なんていらないはずなのに…」

戦くほっそ~に魔玉アッサーノ!は

魔玉アッサーノ!「我は四天王内ではこう呼ばれている。」

「卵使いの魔玉、と」


さっちゃん「卵使い、だと…?」

魔玉「そう、我の秘術はすべて卵絡みなのだ!」

ほっそ~「貴様!技の無駄使いだけではなく設定の無駄使いまでするなんて、やってくれるじゃあないか…」

ほっそ~「だがしかし、身代わりだけで勝てると思ったら大間違いだぞ!今だ放火犯よ!この森に火を放て!」

放火犯「OKだほっそ~、今ガソリンをまき終わったところだぜ!さて…点火点火っと」

ジッポから放たれる火により燃え上がる森。

魔玉「くっ!明日からの我寝床を消し炭にするつもりか」

ほっそ~「ふっ、我らの旅を続けるための仕方のない犠牲という奴だ、、、」

魔玉「なんて極悪な!だが屈さぬ!この森に生きるすべての者を助けるため、我は戦う」

ほっそ~「ふはははははははははは、ならばやってみるが良い魔玉よ。早く火を消さねば手遅れになるぞ」

魔玉「こんなもの我が秘術にかかればなんの造作もないこと!秘技!大卵落とし!」

ナレーション「説明しよう!大卵落としとは、空中に超強大な卵を発生させ、それを割ることにより相手を卵まみれにする秘術なのだ!」

魔玉の秘術により森に落とされる黄身と白身、それにより燃え盛っていた火が消化されていく…

ほっそ~「まさか卵を火の消化に使うとは!」

魔玉「これが卵使いの実力だ!もう遊びは終わりだ!くらえっ!卵爆弾!」

ナレーション「説明しなくてもいい??え?いるの?えっと、、、卵っぽい爆弾です」

さっちゃん「どこのナッシーだよっ!??」

放火犯「ぐわっ、だがこっちの武器より数段攻撃力が高いぞ!腐っても爆弾ということか」

ほっそ~「くっ、こんなものほそカリバーで打ち返してやる!」

魔玉「おっと、その爆弾…触れると爆発するぜ?」

『ドゴォン』

ニヒルに唇を釣り上げる魔玉、鳴り響く轟音、そんな中ほっそ~は!?

さっしゃん&放火犯「ほっそ~!」

ほっそ~「……」

返事がない、ただの屍のようだ…

さっちゃん&放火犯「ほっそ~---------!」

魔玉「ふん!森を焼こうとした報い、その身で受けるがいい!」

卵爆弾の爆発を受けて意識のないほっそ~、そんな中ついに光りだすほそカリバー!

『キラッ、キラッ、キラッ』

放火犯「点滅なのっ!??」

さっちゃん「なんて疎らな光り方なんだ!なんのすごさも感じないとはこのことだ!」

ほそカリバー「おおほっそ~よ、しんでしまうとはなさけない。」

さっちゃん&放火犯「どこの王様っ!??」

ほっそ~「ツッコミの多い回だな…」

そして死んだかに思われたほっそ~が突如立ち上がる

さっちゃん「ほっそ~!?無事だったのか!?」

ほっそ~「なんか魂抜けて天に召される所だったけど、変な光が見えたと思ったら此処にいた…」

魔玉「何っ、あの攻撃を受けてまだ生きているだと。ていうか一回死んだだろ!まさか」

ほそカリバー「そう、そのまさかよ!これが私の能力の一つ!死後24時間以内なら、死んだ人間を一度だけ生き返らせる事ができる」

魔玉「チート!?」

ほそカリバー「でもほっそ~のTPを一つずつ消費してしまうから多用は出来ないのが欠点ね…」

ほっそ~「TP?」

ほそカリバー「TP(チャームポイント)よ!」

ほっそ~「そんなんなくなるの!?」

ほそカリバー「その証拠に、見てみなさい。その右腕を」

ほっそ~「ま、まさか!?」

戦慄するほっそ~

ほっそ~「我がチャームポイントである右腕上腕二頭筋のしたの方にあるホクロがなくなってる!」

ほそカリバー「そう、一回の使用ごとに大切な物が失われていくと思いなさい。守りたいなら生き抜くことね」

ほっそ~「承知っ!我が命に掛けてもこの命守ってみせよう!!」

さっちゃん「もうつっこまんよ?」

魔玉「だが生き返っただけではこのどうすることもできまい!もう一度殺ってくれよう!」

さっちゃん「ふん!二度もこっちがやられるわけないだろう!」

ほっそ~「そうだ!ほそカリバーよ第二の力を解放だ!」

ほそカリバー「TP3消費ね」

ほっそ~「3もっ!?ま、まあいいそれでいこう!」

ほそカリバー「了解!第二モード、聖剣バズーカ起動!」

なんとほそカリバーの剣先がバズーカの砲弾に!

魔玉「なんだと?まだ聖剣的な技が一つも出ていないのここでバズーカ!?絶対そっちの聖剣の方が設定の無駄使いしてるだろ-!」

ほっそ~「だまれ!そんなことはどうでもいい。くらえっ!ほそカリバズーカ砲!!!」

ほそカリバーから放たれる一筋?の砲弾、狙っていたかのように敵に向かっていく!

魔玉「くっ、卵身代わり!」

ほっそ~「もうその手は食わないぜ!さっちゃん!あとは任せた!」

さっちゃん「OK」

さっちゃんが勢いよく投げるナイフが二刀!それがなんと身代わり途中の魔玉へ直撃!

魔玉「ぐおっ!腹に刺さって地味に痛い…っていうか無理だろ、これ。。。」

さらに追い打ちをかけるように砲弾が命中ww

『ドゴォン』

ほっそ~「この世に悪が栄えた試し無し!これが我らの実力だ!」

さっちゃん「まあ今回一番悪だったのほっそ~やけどね…」

放火犯「良い死に方はしないよね…」

ほっそ~「っ、分かったよ!ほそカリバー、こいつを生き返らすことはできないのか?」

ほそカリバー「ほっそ~のTP1消費ね」

ほっそ~「ON!ほっそ~の身体中のホクロがなくなるじゃないか!まあいいけど」

ほそカリバー「チャームポイントホクロだけ!?」

魔玉「ううん、此処は?極悪攻撃によって我は死んだのでは?」

ほっそ~「なんか今回は我が悪いらしいから特別に生き返らせてやったんだ、感謝しろよな…」

魔玉「まさか敵に情けを掛けられるとは…我も落ちぶれたものだな…」

微妙にショックを受ける魔玉にほっそ~は?

ほっそ~「ていうか討ち死にしたはずの兵が敵に助けられた、ってことは分かってるよね、、、」

放火犯「ま、まさか」

ほっそ~「今日からお前は我らの捕虜となったのだ!これからは魔王アッサーノ!(仮)を倒す為に戦ってもらうぞ?」

魔玉「くっ!捕虜というのが非常に嫌だが負けた身だ。従おうではないか。」

ほっそ~「ふっ、これにて一件落着!あっ!それと一人称が我とかぶるから別のにしといてね?」

魔玉「考えておこう…」


とういわけで魔玉を仲間?にしてしまったほっそ~。

一応戦ってはくれそうなので良かったのか??ほっそ~達のこれからの活躍?に期待。


~次回予告~
戦士にも休息が必要。

ということで、次も街で身体を休めることにしたほっそ~御一行。

戦いに疲れたほっそ~達が久しぶりに味わう安らかな時間。

そんな時間が本当に大切だと思う中、ほっそ~に降りかかる悲劇!

そして捕虜になった魔玉の一人称はいったい…

次回ほっそ~サーガ第5話
   「あれ?その新聞今日のじゃなくて明後日の日付のだよ??」
   おたのしみにねノシ


ほっそ~「我は問う。この世の真理を覆す力を欲するのは貴殿か?ならば我に願えっ!さすればこの世は貴殿の思うがままになろう!」


遊戯王チーム戦

ほっそ~(墓地BF)
田中(暗黒界)
マッピー(旋風BF)

スイスドロー4回戦

一回戦カジェ ○
モンスターシロッコしかいなかったのでとりあえず出して殴ってビート。
相手のガジェに警告を2回打ってこっちのペースで殴りきり

チーム ○○× 勝ち

二回戦旋風BF ×
ゴドバでバック壊されてシュラ、ブラストからこっちのモンスターやられたヴァーユでてきてトリシュ作られてそのままアドを取り続けられて負け

チーム ×○× 負け

三回戦暗黒界 ○
雷にすべてチェーン出来たのがよかった。相手門とかなくて暗黒界を出せない状況が続いたのでモンスターがカードガンナーしかいなかった状態でもなんとかなった

チーム ○×○ 勝ち

四回戦ガジェ ×
初手ヴァーユ二枚で、出したグレファーを警告されて、ペース握られる…相手バックも強かったのでそのままフォートレスとかに押し切られて負け

チーム ×○× 負け

結果、二勝二敗(個人成績も)

久しぶりに墓地BF使ったがやっぱり安定してると思った。初手にヴァーユが良く来るのはいつもなのでさほど気にはならなかったが、気にならないだけではやり勝てないwww

実は今日の四戦はすべてじゃんけん負けて後攻Orz相手とこっちのまわり方を見るに、負けた二回は先行なら多分勝ってる…ガジェの方は微妙かもしれないが、旋風の時は見た感じ勝っててもおかしくなかった。

後攻だとプレイングが雑魚くなるのがほっそ~。もう少し鍛えよう…

デッキが増えてきたので大会で使うデッキを迷うことが多々ある。

フリー用と大会用に分けようかな?


※この記事は書くのに2時間掛かりました…もう少しなんとかしようと思います。長文スンマセン






スポンサーサイト

category: 遊戯王

cm 0   tb 0   page top
« 普通に

色々 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hosojun.blog.fc2.com/tb.php/36-6e34a0dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

☆現在応援中☆

☆ブランド☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。